【ワークマン】イージス 防寒ツナギ購入レビュー

バイク

皆さんバイク乗ってますか?これから気温がどんどん下がりバイクには乗りにくい季節になってきます。わたしも去年、万全と思った寒さ対策が外気温と高速走行の前になすすべなく打ち破れ、意識が
もうろうとなりながら帰宅した覚えがあります。注意していても寒さは意識を薄れさせ冷え切った手足は思うように動かせなくします。

バイクの走行中には致命的でなんで自分こんな寒い中、自動車ではなくバイクに乗っているのだろうかと何度も考えましたが、それでもバイクに乗るのがライダーです! そんなわたしが今年導入した寒さ対策が
「ワークマン イージ透湿防寒ツナギ」

です。

実際に着て走ってみた感想と、サイズ感をお話ししたいと思います。




イージス透湿防寒ツナギとは

イージス防寒ツナギとは、ワークマンが販売しているツナギ型の防寒服です。

簡単なスペックは下記

・耐水圧 10,000mm

・透湿度 3,000g/m2/24h

・防寒(中綿あり)

・軽量 約910g(Mサイズ)

・アジャスト機能あり

その他フード取り外し可能等あります。

耐水圧は雨が降った時にどの程度の雨ならしみ込んでこないかですね。耐水圧10,000mmだと曖昧な
ニュアンスですが「大雨」でも耐えられます。しかし、バイクに乗った場合少し話が変わります。

普通の雨で時速60kmで走行した場合必要となる耐水圧は11,000~13,000mmと言われていますので
雨の中着て走るには少し心もとないですね。高速走行は無理です。素直にレインウェアを着ましょう。

アジャスト機能は腰、手首、足首にあります。

実際に着て走ってみた

まだ寒くないので本番というわけではありませんが約10℃の中、防寒ツナギを着て高速道路を200kmほど走りました。

寒さを感じることはなく、袖に親指用の穴があるので手首から風が入ってくることもありませんでした。

ただ風を通さない分、風の抵抗が増えたような気がしました。

サイズ感

私は身長173cm、体重65キロで普段はMサイズを着用していますがワークマンの公式HPにあるサイズ表から少し大きめのLLを選びました。服とプロテクターを着用した上から防寒ツナギを着てライディングポジションをとっても肩や背中が突っ張ることはありませんでしたが、ツナギの裾が上がってきて足首あたりが寒かったです。裾のマジックテープをしっかりと巻きましたがダメでした。

3Lにするとほかの部分がダブつきそうなのでそこは悩みどころです。裾が上がってこないような方法を考え中です。

最後に

寒くなった時にはバイク用の防寒グッズは大半が売り切れています。
はやめに寒さ対策して冬でも楽しいツーリングに行きましょう。




コメント

タイトルとURLをコピーしました